CTP絵本

CTP絵本は、英語絵本の読み聞かせに興味のある方には有名な
アメリカの園児・小学生用の教育用の絵本です。

日本で有名なCTP絵本とは、Creative Teaching Press社が出している、
Learn to Readシリーズという絵本シリーズのことです。
日本ではレベル1~レベル2の96冊が「CTP絵本96冊」と言われて
多読用絵本として有名ですが、本当はレベル3まであり、
全部で144冊あるのだそうです。

CTPにはレベル1~3のシリーズがあり、
子供の年齢やレベルによって使い分けられるようになっています。
暗唱を目的とするならレベル1から、掛け流しとして使うなら
レベル2からがよいそうです。

CTP絵本は、日本の絵本のイメージからしたら、
「エッ?」と思うような、ペラッペラ!!の絵本のセットです。

でも、保管する場所をとらないし、構えず気軽に読めるので
わたしは、この薄さはいいな、と思ってます。
日本でも、こういうペラッペラの絵本シリーズがあればいいのにな。

ただ、子供によって好き嫌いがあるかもしれないので
いきなりセット(144冊!!!)を揃えるのは勇気が要りますね

最小単位のセットでしたらお値段もさほどではないので
いきなりフルセットをそろえずに、まずは試しに1セットやってみるか、
CTPのほかのシリーズを試してみるのもよいかも。

うちは息子が0歳児でまだ喋らないので、書け流し用にレベル2からかな?
と思ったのですが…

CTP社のほかのシリーズで、「Sing & Read」というのがありまして。
これは、12冊の絵本と、その内容が歌になったCDが1枚のセットで
なんでも、人気の絵本を集めているそう。

これは、CTP絵本の入門としてよいのでは!!

と、Sing & Readのセットをお買い上げ~
まずは、Sing & Readで、CTP絵本の雰囲気を見てみましょう!

Sing & Readについては、次回~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック