ラボのこと

今日はちょっと毛色を変えて、ラボパーティのことを書きますね。

わたしは小さい頃、ラボパーティというのに参加していました。
姉・兄と3人で、通っておりました。

ラボというのは、英語のお教室みたいなもので
歌を聴きながら踊ったり、子供たちだけで演劇をするなどの
アクティビティを、お教室でやったり、
長い休みの期間には、キャンプに行ったりするものでした。

歌やお話なので、言語が英語でも楽しかった記憶があります。
演劇もキャンプも、引率の先生はつきますが、
基本は子供たちに任せる形でしたので、
自主性も身につけるというコンセプトだったのだと思います。

わたしは小学校低学年くらいまでしか通わなかったので
当時の友達の記憶もあまりありませんが、
歌ったり踊ったり、みんなとお話したり、
家でも兄弟そろってラボのテープを聴いたり、暗唱の競争をしたり
今でも、キラキラした楽しい思い出になっています。

ドリトル先生の一説などを、今でも覚えているんですよ。
「おーゆーみーんざどくたー!
ぜあひーいず、かみーんえんどぱす、うぃずばたふらいねっつ、えんのーとぶっく!」
などなど、その後に続く日本語も一緒に
「ああ、先生のことかー!
先生なら、紙と昆虫網をどっさり持って、こっちへ歩いてくるよー!」
なんて感じで、今でもスラスラ出てきます。

ラボのように、歌や踊りなど、耳や体を使って楽しく英語に触れると
暗唱なども楽しくできるのかもしれませんね^^

そーそー、このテープ。普通のテープではなく、正方形くらいのデッカイ
テープになっていて、聞くには4チャンネルのデッカイ専用の再生機が必要でした。

これがまた、テープを入れ替えたり再生したりするのが、
ガチャガチャとキカイちっくで、楽しかったんだよな~♪

あ、これは昔の話ですよ!今のラボでは、CDを使っているそうです。
高価な再生機を買わなきゃいけないってことは無さそうです、ご安心を(笑)

うちの場合、兄弟と一緒にラボに通っていたというのも、
家で復習ができるので、良かったのかもしれません。
兄弟がいなくても、ママが一緒になって遊びがてら復習できるとよいですね♪

まあ、それを英会話に活かせているかというと…
わたしに関しては、まったく活かせていない現実があるわけですが^^;;

でも、ラボパーティに参加して、英語に対して「できると楽しいもの」という
意識は身についたと思います。
残念ながらわたしは、その後の勉強がおろそかになったからか、
英語が苦手になってしまいましたが…
それでも、英語ができたら楽しいな、という思いはありますし。

わたしの姉などは、英語が大好きになり、外大に進学した後
海外営業の仕事やホテルのコンシェルジュの仕事をしていました。
バイリンガルというレベルではないと本人は言っておりますが…

英語圏の人と、普通に世間話をしたり、意見を言い合えるというだけでも
とても楽しいことではないでしょうか^^

たまたまわたしはラボでしたが、他のお教室でも
友達といろんなアクティビティをして楽しむのは一緒かと思います。
楽しんで英語に触れるというのは、大事なことだと思いますし
ラボパーティのような活動型のお教室は、子供にとっても楽しい経験になりますね!

ある程度の年齢になったら、うちの子も通わせたいですね~

子供だけ、一人でいかせっぱなしにするのではなく、
おうちでもママが一緒になって楽しんであげられると
効果も倍増、ママも楽しくて一石二鳥!?

せっかく、安くないお月謝を払ってお教室に行くのだから
おうちでも楽めるような環境を、作ってあげたいものですね~♪



応援ありがとうございます!ポチっとお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

"ラボのこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント